日本では、他の国々で楽しまれている一般的なカジノは禁止されています。例えばラスベガスのような、好きなゲームに賭けることができるカジノは存在しません。これは今に始まったことではなく、日本では封建制以来、賭け事は禁止されています。人々はお城やお寺の廃墟にいわゆる「闇カジノ」を開いて、ひっそりと賭け事を楽しんできました。カジノの建設やポーカー、ブラックジャック、スロットマシーンといった賭博は法律では厳しく禁じられていますが、ヤクザと呼ばれる人たちによって賭博は存在しています。政府によって違法行為が わずかでも見つかった場合、巨額な罰金や懲役などの処罰を受けることになります。日本にはオンラインカジノのウェブサイトは存在しませんが、海外のオンラインカジノから賭博を楽しむことは可能です。

日本の合法の賭博

日本の住民は賭け事を一切許可されていない、というわけではありません。厳しい政府の指導監督のもと、一部の競技において賭博が認められています。競馬、オートレース、競輪、競艇が公営競技として運営されています。

 

また、国民所得を上げるために、宝くじとサッカーの試合を対象にしたスポーツ振興くじも政府の監視のもと許可されています。

パチンコ店

これらの規則からうまく逃れたゲームがパチンコです。パチンコは現金ではなく、景品を提供するゲームであるため、パチンコ店はあくまでもゲームセンターであって、カジノではないとされています。とはいえ、特別なお店に行くと、獲得した引換券や景品は現金と交換することが可能になっています。

パチンコはピンボールマシンと似たゲームです。プレイヤーは穴を狙って玉を打ちます。

パチンコは約 23 兆円の巨大な市場を構成していると言われています。それに加えて、このゲームは古くから日本に根付いているため、政府はパチンコ店の存在を許可しています。

一番人気の公営競技

競馬

日本における賭博が許されている競技の中で、最も人気があるのが競馬であり、数世紀にわたって人々によって親しまれています。競馬には平地競走、障害競走、ばんえい競走の 3 つの種類のレースがあります。

平地競走は一般的に知られている、障害物のないレースです。競走馬のスピード、持久力、馬とレースに関する騎手の知識が重要なカギとなります。走行距離は 201 メートル から 3 キロメートルとされています。

障害競走では、競争馬の持久力と障害物に対するジャンプ力が試されます。障害物として様々なサイズの柵や溝がコースに設置されています。

ばんえい競走では、競走馬は砂の斜面を騎手が乗った重いそりを引きながら走ります。トラックは 200 メートルで、競走馬は 400 キロから 1 トンのそりと共に 2 つの障害を越えなければなりません。

宝くじ

日本の宝くじの歴史は 15 世紀まで遡り、その後数世紀にわたってその人気は高まり続けています。宝くじには数種類あり、高額な当選金が用意されています。例えばロト 6 では、1 から 43 の中から 6 つの数字を選び、当選した場合は6 億円も手に入れることができます。ロト 7 は、当選金額が 10 億円であること以外は基本的にロト 6と同じです。また、ミニロトの当選金額は最少で 1,000 万円となっています。

日本の賭博には多くの障害や禁止事項があります。しかし、仮に大きな賞金を得ることはなかったとしても、一部の許可を得ている競技で十分に賭博を楽しむことができます。